>オススメ情報>胆管がんってなに?胆管がんの基本と予防法

胆管がんってなに?胆管がんの基本と予防法

病院

食べ物を消化吸収する為に必要なのは胃だけではありません。肝臓で作られる胆汁と呼ばれる物質の働きにより、栄養素の吸収がスムーズに行われるのです。しかし、胆汁が臓器へと向かう際に通る、胆管という部位に異常が発生すると、人間の生命活動に影を落としてしまいます。胆管がトラブルを引き起こす主な理由は、胆管がんと呼ばれる悪性腫瘍です。胆管がんは、40歳以上の男性に多く見られる病気で、若い人の発症は稀である事から、加齢が病気の発症に繋がっていると考えられています。胆管がんになると、がんによって狭くなった胆管を胆汁が流れづらくなるので、胆汁を腸内へと送り出す事が困難となり、成分の分解や吸収が出来ずに便の色が白くなる事があります。また、病気が進行すると、肌や白目が黄色くなってしまう黄疸が現れます。黄疸は、がんに圧迫された胆管から血液中に胆汁が流れてしまい、血液の成分に異常が現れる事で発生する症状です。黄疸が現れた時点では既に病気が、かなり進行していると考えられるので医師に従い治療を行いましょう。

胆管がんを避けるには、胆石を作らせない事が大切です。胆汁が固まる事で作られる胆石は、脂質の摂取量を意識して野菜を多く摂る食生活を行うと予防が出来ます。ですが、食事の改善はしっかりと自己管理が出来ないと、今日だけは、明日からなどと様々な理由を付けてしまい継続するのは難しいと言えます。そんな時は、取り敢えず緑茶を飲む事から始めましょう。緑茶はカテキンの作用により、脂肪の吸収を緩やかにする事が出来るので食事に加えると効果的です。また、胆汁を作り出す肝臓はアルコールの分解も担っている大切な臓器なので、日常的な暴飲を続けると負担が増えて胆管がんのリスクが高くなってしまいます。無理にお酒を断つ必要はありませんが、お酒を飲まない休肝日を設けると健康維持に役立ちます。

男女